監視カメラを設置する場合に気を付けてほしいポイント

監視カメラの設置では雨やプライバシーのことを考慮していこう!

Security.navi

目的を明確にして設置していくと良い!

現在では数多くの監視カメラや防犯カメラが登場しています。監視カメラの中でも性能・機能の違いがあるので、ちゃんと利用していきたい場合は目的に合わせて選ぶことです。そこで、監視カメラの便利な機能や気を付けたいポイントなどを確認していきましょう。

搭載されていると便利な監視カメラの機能BEST5

no.1

ネットワークカメラ

特にネットワークカメラのシステムが搭載されている監視カメラや防犯カメラが注目を集めています。無線LANやLANケーブルなどのネットワーク回線を使用するので、カメラで映し出されている映像をインターネットを通して確認が出来るので便利ですよ。

no.2

遠隔操作機能

基本的に監視カメラを設置した場合、設置した1点しか撮影することは出来ませんが、遠隔操作機能があれば広範囲の撮影が可能となっています。遠隔操作でカメラの角度やズームの調整をすることが出来るので、安心です。

no.3

動体察知機能

監視カメラを設置しても常に不審者などが映るわけではありません。そこで、動体察知機能が便利となっています。動体察知機能が搭載されていると動くものが映った際に録画をしてくれるので、無駄な録画を無くすことが出来るでしょう。

no.4

暗視機能

暗くなってしまうと通常の監視カメラでは満足に撮影・録画をすることは難しいです。また、暗闇でも犯罪が発生しやすいと言われているので、暗視機能がついた監視カメラが良いですよ。暗視機能が付いていると、明かりがない真っ暗の中でも問題なく撮影が可能でしょう。

no.5

マイク内臓

撮影・録画機能だけではなくて、あわせて音声も記録することが出来るマイク内臓も便利な機能となっています。映像とプラスして音声も確認することが可能となっているので、より詳細に記録が出来ますよ。本格的に防犯をしたい場合は、機能についても確認していきましょう。

監視カメラを設置する場合に気を付けてほしいポイント

カメラ

防水タイプのカメラを使おう

監視カメラを設置する際は、まず防水タイプのものを使用していくと良いですよ。大体は屋外に設置することが多いので、もし防水タイプの監視カメラを使用していなかったらすぐに壊れてしまいます。雨に濡れる可能性を考えて、防水タイプの監視カメラを利用していくのがポイントでしょう。

周囲のプライバシーに配慮する

意図してなくても監視カメラに写ってしまった映像は、すべて個人情報に当てはまります。そのため、他の人のプライベートやプライバシーを守るためにも近隣住宅が映らないように配慮していきましょう。あわせて、監視カメラで映像を記録している旨や設置している旨をステッカーなどでお知らせする必要もありますよ。

メンテナンスがしやすい場所に設置する

監視カメラを使用する際に気を付けてほしいポイントに設置場所があります。監視カメラを設置する場合はメンテナンスが行ないやすいかどうかも考えていくことが大事ですよ。継続して使用するためにも監視カメラは定期的なメンテナンスが必要です。防犯を意識した設置も重要ですが、合わせてメンテナンスがしやすいような場所を選ぶのも意識していきましょう。